windows10

【Windows10】コントロールパネルを表示させる方法

 
【Windows10】コントロールパネルを表示する方法
Windows10のコントロールパネルの場所や、スタート・タスクバーへのピン留め、デスクトップアイコンの設定方法を紹介します。Windowsの各種設定などでコントロールパネルを使用することも多いと思いますが、コントロールパネルの場所どこだっけ?なんてことになった時に参考にしてみてください。



1

コントロールパネルの場所

コントロールパネルは通常CドライブWindowsのSystem32フォルダに格納されています。エクスプローラーに実行ファイル名をコピペすればコントロールパネルウィンドウが開きます。

C:\Windows\System32\control.exe

コントロールパネルの表示変更

コントロールパネルのデフォルト表示はカテゴリーとなっているので、目的の項目を一覧で探したい場合は、右上の表示方法プルダウンから、表示方法を大きいアイコン・小さいアイコンに変更してください。


2

スタートメニューから表示する

画面左下の スタートメニューから「 W 」「Windowsシステムツール」を展開しコントロールパネルをクリックしコントロールパネルウィンドウを表示させます。


3

検索窓から表示する

画面左下の検索窓コントロールパネルと入力します。

検索結果にコントロールパネルが表示されますので、クリックしコントロールパネルウィンドウを表示させます。


4

スタート画面・タスクバーにピン留めする

スタートメニューコントロールパネルを右クリックし スタートにピン留めするをクリックすることでスタートメニューのタイルエリアにコントロールパネルが追加されます。(下図参照)
また、同様にコントロールパネルを右クリックしその他からタスクバーにピン留めするをクリックすることでタスクバーにコントロールパネルアイコンが追加されます。


5

デスクトップにアイコンを配置する

デスクトップの何もない任意の場所で右クリックして個人用設定をクリックします。

設定から左メニューのテーマをクリックし、右側にあるデスクトップアイコンの設定をクリックします。

デスクトップアイコンの設定ウィンドウが開いたら「デスクトップアイコン」コントロールパネルにチェックを入れ「OK」ボタンをクリックすると、デスクトップにコントロールパネルアイコンが追加されます。

コントロールパネルを頻繁に使用する場合はタスクバーやデスクトップにアイコンを配置した方がよいかも知れませんね。いろいろな方法がありますので参考にしてみてください。以上、Windows10のコントロールパネルの場所や、スタート・タスクバーへのピン留め、デスクトップアイコンの設定方法の紹介でした。

windows10