【Windows10】自動でスリープ状態にさせない方法

【Windows10】自動でスリープ状態にさせない設定方法
Windows10で自動でスリープ状態にさせない方法を解説します。 PCを一定時間操作しないとスリープ状態になる場合、スリープの設定でスリープ状態になるまでの時間設定や、スリープ状態を無効にすることができます。



1

設定からスリープの設定する

1画面左下の アイコンをクリックし、スタートメニューから 設定をクリックします。

2Windowsの設定画面からシステムをクリックします。

3設定から左メニューの電源とスリープをクリックします。

4スリープの次の時間が経過後、PCをスリープ状態にする(電源に接続時)のプルダウンからなしを選択します。

こちらの設定でスリープ状態になるまでの時間設定や、スリープ状態を無効にすることができます。


2

コントロールパネルからスリープの設定する

1画面左下の スタートメニューから「 W 」「Windowsシステムツール」を展開しコントロールパネルをクリックしコントロールパネルウィンドウを表示させます。

2コントロールパネルから システムとセキュリティをクリックします。

3システムとセキュリティから コンピューターがスリープ状態になる時間を変更をクリックします。

4コンピューターをスリープ状態にするのプルダウンから適用しないを選択し変更を保存ボタンをクリックします。

こちらの設定で、PCの操作をしていなくても、スリープ状態にならなくなります。


関連記事
  • 【Windows10】通知バナー(ポップアップ)を消す方法
  • 【Windows10】高速スタートアップを無効にする方法
  • 【Windows10】インストールされているフォントを一覧で確認する方法
  • 【Windows10】表示言語(日本語・英語)を変更する方法
  • 【Windows10】PCのスペック・グラフィックボードを確認する方法
  • 【Windows10】アニメーションを無効にする方法
人気記事
  • 【Windows10】壁紙の追加テーマを無料でダウンロードする方法
  • 【Windows10】IMEツールバー(言語バー)を表示/非表示する方法
  • 【Windows10】マイコンピュータ(PC)をデスクトップに表示する方法
  • 【Windows10】フォントの場所と追加方法
  • 【Windows10】 IMEパッドの出し方・使い方
ピックアップ記事
  • 【iPhone】不要なアプリを削除する方法
  • 【Windows10】PowerShellの起動方法
  • 【Windows10】スタートアップの場所と追加・削除方法
  • 【Windows10】32ビット版か64ビット版かを確認する方法
  • 【iPhone】緊急速報の音量を下げる方法は?緊急速報の通知をオフにする方法