【Windows10】スタートアップの場所と登録・無効の方法

 
Windows10のスタートアップの場所とWindows10を起動した際に自動的にアプリを起動させる方法、アプリを有効・無効化する方法です。




1

スタートアップの場所と登録・削除

エクスプローラー( windows+E )を起動しアドレスバーにshell:startupと入力するだけで個人ユーザーのスタートアップフォルダが表示されます。
※全ユーザーの場合はshell:common startupと入力します。

個人ユーザーのスタートアップフォルダへのパスは以下のようになってます。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
全ユーザー共通のスタートアップフォルダの場所は以下となります。 C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

ファイル名を指定して実行( windows+R )からshell:startupと入力しスタートアップフォルダを表示させることもできます。
※全ユーザーの場合はshell:common startupと入力します。

アプリの登録はスタートアップフォルダに起動時に立ち上げたいアプリのショートカットを入れて完了です。削除の場合はショートカットを削除します。
※アプリの実行ファイルではなくショートカットをスタートアップフォルダに入れてください。


2

スタートアップの有効・無効化

スタートアップアプリを有効・無効化したいときの設定方法です。また使用する可能性があるアプリなどは削除ではなく一時的に無効化することができます。

設定からのスタートアップアプリの有効・無効化

画面左下の スタートメニューから 設定をクリックします。

Windowsの設定画面からアプリをクリックします。

アプリからスタートアップの「スタートアップアプリ」にあるアプリのオン/オフでスタートアップアプリの有効/無効化をすることができます。


タスクマネージャーからのスタートアップアプリの有効・無効化

タスクマネージャー( Ctrl+Shift+Esc )を起動しスタートアップから無効化したいアプリを右クリックし無効化します。


RELATED POSTS
  • 【Windows10】ファイルの拡張子を表示/非表示する方法
  • 【Windows10】アニメーションを無効にする方法
  • 【Windows10】既定のブラウザーを変更する方法
  • 【Windows10】デスクトップアイコンのサイズを変更する
  • 【Windows10】コントロールパネルを表示する方法
  • 【Windows10】フォントの場所と追加方法
POPULAR POSTS
  • 【Windows10】フォントの場所と追加方法
  • 【iPhone】音量・着信/通知音量・通話音量の調整方法
  • 【Windows10】コントロールパネルを表示する方法
  • 【iPhone】予測変換を削除する方法
  • 【Windows10】アニメーションを無効にする方法
PICK UP
  • 【iPhone】音量・着信/通知音量・通話音量の調整方法
  • 世界中のプロバイダの速度を比較できる「ISP Speed Index」
  • ブラウザで簡単に使えるGoogleの「インターネット速度テスト」が便利
  • 【Windows10】フォントの場所と追加方法
  • 持ち運び可能なスマートフォン充電器シェアリングサービス「ChargeSPOT」