【Windows10】ごみ箱の自動削除期間を設定する方法

 
【Windows10】ごみ箱の自動削除期間を設定する方法
Windows10でごみ箱に捨てたファイルなどを自動削除する期間を設定する方法を解説します。ごみ箱を空にしなくても、自動削除を設定することで設定した期間を過ぎると自動的にごみ箱に捨てたファイルなどが削除されます。


1

ごみ箱を自動削除する期間を設定する

1画面左下の アイコンをクリックし、スタートメニューから 設定をクリックします。

2Windowsの設定画面からシステムをクリックします。

3システムから左メニューの記憶域をクリックしストレージセンサーオンにします。

4続いてストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行するをクリックします。

5一時ファイルごみ箱に移動してから次の期間が過ぎたファイルを削除するのプルダウンメニューから削除するまでの期間を設定します。

設定期間は許可しない・1日・14日・30日・60日から選択できます。

ごみ箱に捨てたファイルなどを元に戻すことが多い方は、許可しないにしておいた方が無難かもしれません。以上、ごみ箱に捨てたファイルなどを自動削除する期間を設定する方法でした。

  • 【Windows10】ファイル削除時に確認メッセージを表示する方法


関連記事
  • 【Windows10】デバイスマネージャーを表示する方法
  • 【Windows10】フォントの場所と追加方法
  • 【Windows10】インストールされているフォントを一覧で確認する方法
  • 【Windows10】表示言語(日本語・英語)を変更する方法
  • 【Windows10】ファイル削除時に確認メッセージを表示する方法
  • 【Windows10】プロダクトキーを確認する方法
人気記事
  • 【Windows10】 IMEパッドの出し方・使い方
  • 【Windows10】壁紙の追加テーマを無料でダウンロードする方法
  • 【Windows10】フォントの場所と追加方法
  • 【Windows10】IMEツールバー(言語バー)を表示/非表示する方法
  • 【Windows10】マイコンピュータ(PC)をデスクトップに表示する方法
ピックアップ記事
  • 【Windows10】ファイルの拡張子を表示/非表示する方法
  • 【Windows10】絵文字・顔文字を一覧から入力する方法
  • 【iPhone】画面の回転を縦・横方向に固定・解除する方法
  • 【Windows10】既定のブラウザーを変更する方法
  • 【Windows10】高速スタートアップを無効にする方法