【Windows11】一時ファイルを削除する方法

一時ファイルを削除する方法
Windows11での一時ファイルを削除する方法を解説します。一時ファイルとは、コンピューターがプログラムやアプリケーションを実行する際に使用される、一時的なデータを保存するために使用されるファイルです。PCを長期間使用していると、一時ファイルが蓄積され容量を圧迫することがあるので、コンピュータの空き容量が足りなくなった場合は、手動で一時ファイルを削除する必要があります。



1

設定から一時ファイルを削除する

1画面下の スタートボタンをクリックして、スタートメニューから設定をクリックします。

設定からディスククリーンアップを行う

2Windows11の設定画面からシステムにある「記憶域」をクリックします。

設定からディスククリーンアップを行う

3記憶域から「一時ファイル」のエリア(領域)をクリックします。

設定からディスククリーンアップを行う

4削除したい一時ファイルの項目にチェックを入れ「ファイルの削除」をクリックすると、一時ファイルが削除されます。

設定からディスククリーンアップを行う

削除できる一時ファイル

  • 配信の最適化ファイル
  • ごみ箱
  • ダウンロード
  • 縮小表示
  • インターネット一時ファイル
  • Microsoft Defenderウィルス対策
  • DirectXシェーダーキャッシュ
  • Windowsエラー報告とフィードバックの診断…など


2

ディスククリーンアップから一時ファイルを削除する

1画面下の スタートボタンをクリックして、スタートメニューから「すべてのアプリ」をクリックします。

Windowsの管理からディスククリーンアップを行う

2すべてのアプリから、下にスクロールさせ「Windowsツール」をクリックします。

Windowsの管理からディスククリーンアップを行う

3Windowsツールから「ディスククリーンアップ」をダブルクリックします。

Windowsの管理からディスククリーンアップを行う

4ディスククリーンアップのウィンドウが表示されるので、削除するファイルから、削除したい項目にチェックを入れ「OK」ボタンをクリックします。

Windowsの管理からディスククリーンアップを行う

5ディスククリーンアップのダイヤログが表示されるので「ファイルの削除」をクリックしてディスククリーンアップを実行させます。

Windowsの管理からディスククリーンアップを行う

windows11