【Windows11】ディスククリーンアップの場所と実行する方法

Windows11 - ドライブ 
ディスククリーンアップの場所と実行する方法
Windows11でのディスククリーンアップの場所と実行する方法を解説します。ディスククリーンアップを行うことで、不要なファイルを検出・削除しディスク/ストレージの空き容量を増やすことができます。



1

設定からディスククリーンアップを行う

1画面下の スタートボタンをクリックして、スタートメニューから設定をクリックします。

設定からディスククリーンアップを行う

2Windows11の設定画面からシステムにある「記憶域」をクリックします。

設定からディスククリーンアップを行う

3記憶域から「クリーンアップ対象候補」のエリア(領域)をクリックします。

設定からディスククリーンアップを行う

4クリーンアップ対象候補から一時ファイル・大きなファイルまたは未使用のファイル・クラウドに同期されたファイル・使用されていないアプリが表示されます。例えば、一時ファイルをクリーンアップする場合は「一時ファイル」のエリア(領域)をクリックします。

設定からディスククリーンアップを行う

5カラムが展開しますので、クリーンアップしたい項目にチェックを入れ「〇〇〇をクリーンアップします」ボタンをクリックします。

設定からディスククリーンアップを行う

6選択対象をクリーンアップします。とダイヤログが表示されるので「続行」ボタンをクリックしてクリーンアップを実行させます。

設定からディスククリーンアップを行う


2

Windowsの管理からディスククリーンアップを行う

1画面下の スタートボタンをクリックして、スタートメニューから「すべてのアプリ」をクリックします。

Windowsの管理からディスククリーンアップを行う

2すべてのアプリから、下にスクロールさせ「Windowsツール」をクリックします。

Windowsの管理からディスククリーンアップを行う

3Windowsツールから「ディスククリーンアップ」をダブルクリックします。

Windowsの管理からディスククリーンアップを行う

4ディスククリーンアップのウィンドウが表示されるので、削除するファイルから、削除したい項目にチェックを入れ「OK」ボタンをクリックします。

Windowsの管理からディスククリーンアップを行う

5ディスククリーンアップのダイヤログが表示されるので「ファイルの削除」をクリックしてディスククリーンアップを実行させます。

Windowsの管理からディスククリーンアップを行う

windows11