【Windows10】スタートメニューにアプリの一覧を表示/非表示する方法

 
【Windows10】スタートメニューにアプリの一覧を表示/非表示する方法
Windows10のスタートメニューに表示されるアプリ一覧を表示/非表示する方法を解説します。デフォルトではアプリ一覧表示となっていますが、画面サイズ・解像度の関係でアプリ一覧を非表示にしたい場合など設定から表示設定をすることができます。

下図のようにアプリ一覧を非表示にするとスタートメニューがスッキリとします。



1

スタートメニューにアプリの一覧を表示/非表示

1画面左下の アイコンをクリックし、スタートメニューから 設定をクリックします。

2Windowsの設定画面から個人用設定をクリックします。

3個人用設定から左メニューのスタートをクリックしスタートメニューにアプリ一覧を表示するオン(表示)またはオフ(非表示)を選択します。

アプリ一覧を非表示にすると、アプリを探したい時など不便な面もありますが、スタートメニューのタイルを広く使用したい方には良いかもしれません。以上、スタートメニューに表示されるアプリ一覧を表示/非表示する方法でした。



関連記事
  • 【Windows10】スタートメニューに表示するアプリ・フォルダの表示設定
  • 【Windows10】スタートメニューの全画面表示を戻す方法
人気記事
  • 【Windows10】 IMEパッドの出し方・使い方
  • 【Windows10】壁紙の追加テーマを無料でダウンロードする方法
  • 【Windows10】フォントの場所と追加方法
  • 【Windows10】IMEツールバー(言語バー)を表示/非表示する方法
  • 【Windows10】マイコンピュータ(PC)をデスクトップに表示する方法
ピックアップ記事
  • 【Windows10】エディション(HOME・PRO)を確認する方法
  • 【iPhone】画面の回転を縦・横方向に固定・解除する方法
  • 【Windows10】タスクマネージャーのショートカットと起動方法
  • 【Windows10】フォントがにじむ・汚いと感じた時の対処法
  • 【Windows10】隠しファイル・フォルダーの表示/非表示にする方法