【Windows11】別のタイムゾーンの時計を追加する方法

Windows11 - 時刻と言語 
【Windows11】別のタイムゾーンの時計を追加する方法

Windows11で別のタイムゾーンの時計を追加する方法を解説します。時計の追加は設定から2つまで追加することができます。

【Windows11】別のタイムゾーンの時計を追加する方法


1

設定から別のタイムゾーンの時計を追加する

1デスクトップのカレンダーに別のタイムゾーンの時計を表示させます。

設定から別のタイムゾーンの時計を追加する
2画面下の スタートボタンをクリックして、スタートメニューから設定をクリックします。

設定から別のタイムゾーンの時計を追加する

3設定から「時刻と言語」をクリックします。

設定から別のタイムゾーンの時計を追加する

4時刻と言語から「日付と時刻」のエリア(領域)をクリックします。

設定から別のタイムゾーンの時計を追加する

5日付と時刻から「その他の時計」のエリア(領域)をクリックします。

設定から別のタイムゾーンの時計を追加する

6日付と時刻ウィンドウが表示されるので、この時計を表示するにチェックを入れます。時計は2つまで追加できます。

設定から別のタイムゾーンの時計を追加する

7タイムゾーンの選択から表示させたいタイムゾーンを選択し、表示名の入力に任意の名前を入力します。「OK」ボタンをクリックすると時計が追加されます。

設定から別のタイムゾーンの時計を追加する
海外(世界)のタイムゾーンは夏時間(サマータイム)がありますので時期によって調整が必要です。

8タスクバーの日付をクリックし、カレンダーを表示すると時計が追加されていることを確認できます。

設定から別のタイムゾーンの時計を追加する

windows11