【Windows10】隠しファイル・フォルダーの表示/非表示にする方法

 
【Windows10】隠しファイル・フォルダの表示/非表示にする方法
Windowsにはフォルダーやファイルを隠す機能があります。主にOSなどのシステムファイルは不用意に削除・変更をされないように初期設定で隠しフォルダー・隠しファイルとなっています。しかしAppDataなどのファイルを探す場合は、隠しフォルダを表示しないと見つけることができません。そこで今回は隠しフォルダー・ファイルの表示/非表示する方法を解説します。



1

エクスプローラーから表示/非表示設定

メニューから隠しファイルを設定する

1画面下タスクバーの エクスプローラーをクリックします。

2メニューの表示をクリックし、隠しファイルにチェックを入れると隠しファイルが表示され、チェックを外すと隠しファイルが非表示になります。


フォルダオプションから隠しファイルを設定する

1同様に エクスプローラーのメニューから表示をクリックし、右側にあるオプションをクリックします。

2フォルダーオプションから表示をクリックします。

3詳細設定をスクロールさせファイルとフォルダーの表示から隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライブを表示するにチェックを入れOKボタンをクリックします。


2

隠しフォルダー・隠しファイルの設定方法

見られたくないフォルダー・ファイルは個別に隠しフォルダー・隠しファイルの設定をすることができます。

1隠したいフォルダー・ファイルを右クリックし、メニューからプロパティをクリックします。

2フォルダーのプロパティから属性の隠しファイルにチェックを入れOKボタンをクリックします。

3属性変更の確認が表示されるのでこのフォルダーのみに変更を適用するあるいは変更をこのフォルダー、サブフォルダーおよびファイルに適用するにチェックを入れOKボタンをクリックします。

隠しファイルに設定したフォルダー・ファイルは非表示・半透明になります。
先程、紹介したエクスプローラーの隠しファイル設定で、隠しファイルにチェックを入れると半透明、隠しファイルのチェックを外すと非表示になります。


人気記事
  • 【Windows10】壁紙の追加テーマを無料でダウンロードする方法
  • 【Windows10】フォントがにじむ・汚いと感じた時の対処法
  • 【Windows10】インストールされているフォントを一覧で確認する方法
  • 【Windows10】フォントの場所と追加方法
  • 【Windows10】 IMEパッドの出し方・使い方
ピックアップ記事
  • 【Windows10】デスクトップの壁紙の保存場所と変更方法
  • 【Windows10】ごみ箱の自動削除期間を設定する方法
  • Hulu(フール)の登録・入会方法と解約・退会方法
  • 【iPhone】画面の回転を縦・横方向に固定・解除する方法
  • 【Windows10】マイコンピュータ(PC)をデスクトップに表示する方法