【Windows11】スリープ状態にする方法 (スタートボタン・ショートカットキー)

Windows11 - 電源
【Windows11】再起動する方法 (スタートボタン・ショートカットキー)
Windows11でPCを手動でスリープ状態にする方法がいくつかあるので、分かりやすい方法を5つ紹介します。スリープはPCの操作が一定時間ないときに、作業内容を保持したまま省電力で待機させた状態する機能です。



1

スタートメニューからスリープ状態にする

1画面下の スタートボタンをクリックし 電源ボタンをクリックします。

スタートメニューからスリープ状態にする

2表示されたメニューから「スリープ」をクリックします。

スタートメニューからスリープ状態にする


2

スタートボタンの右クリックしてスリープ状態にする

1画面下の スタートボタンを右クリックして表示されたメニューから「シャットダウンまたはサインアウト」にカーソルを合わせ、表示されたメニューから「スリープ」をクリックします。

スタートボタンの右クリックしてスリープ状態にする


3

ショートカットキー「Ctrl」 + 「Alt」 + 「Delete」

1キーボードのCtrlAltDeleteを同時に押します。

ショートカットキー「Ctrl」 + 「Alt」 + 「Delete」

2黒い画面から項目が表示されるので右下の「電源アイコン」をクリックし、表示されたメニューから「スリープ」をクリックします。

ショートカットキー「Ctrl」 + 「Alt」 + 「Delete」


4

ショートカットキー 「Alt」 + 「F4」

1キーボードのAltF4を同時に押します。

ショートカットキー 「Alt」 + 「F4」

2Windowsのシャットダウンのウィンドウが表示されるので、プルダウンメニューから「スリープ」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

ショートカットキー 「Alt」 + 「F4」


4

ログイン画面(サインイン)からスリープ状態にする

1ログイン画面(サインイン)画面の右下にある「電源アイコン」をクリックします。

ログイン画面(サインイン)からスリープ状態にする

2表示されたメニューから「スリープ」をクリックします。

ログイン画面(サインイン)からスリープ状態にする

windows11