核爆弾の被害状況をシミュレーションできるWebサイト「Outrider」

住所を入力するだけで、入力した住所に核爆弾が落下した場合の被害状況が表示される「Outrider」。東京丸の内でシミュレーションを行ってみると、推定で死者は14万2121人、負傷者は49万9800人となりました。
爆心地を中心に火球(Fireball)、放射線(Radiation)、衝撃波(Shock Wave)、熱線(Heat)の想定範囲が表示されます。

Outrider

核爆弾の種類も選択できて「リトルボーイ」北朝鮮のICBM「火星14」「W87」「ツァーリ・ボンバ」タイプ別に被害状況をシミュレーションできます。


PICK UP
  • ブロックチェーンを使ったクラウドソーシングマーケットプレイス「beepnow」
  • 世界中のプロバイダの速度を比較できる「ISP Speed Index」
  • 賞味期限が近い商品を安く購入できるショッピングサイト 「 KURADASHI.jp」
  • 日本初のAPI開発・販売トータル支援サイト「APIbank」
  • 住宅やモデルハウス情報などの住宅イベント情報メディア「MINIQUE」
  • 思い通りに実現できなかったジャンクなアイデアを売買できる「junk mart」
POPULAR POSTS
  • 【Windows10】フォントの場所と追加方法
  • 【iPhone X】音量・着信/通知音量・通話音量の調整方法
  • Hulu(フールー)おすすめのドラマ・映画・アニメ【2019年6月版】
  • 【Windows10】アニメーションを無効にする方法
  • 【Windows10】コントロールパネルを表示する方法
TAG LIST
  • Windows10

    5

  • 地域サービス

    4

  • Google

    3

  • オモロイサービス

    3

  • シミュレーション

    2